ダイエットの成功と失敗を分けるのは、「食べるタイミング」

「食べても太らない食べ方」のポイントは、ずばり「規則正しく食べること」。

では、「規則正しい食べ方」とは?

ここでカギを握るのは、血糖値(血液中の糖濃度)のアップダウンです。

血糖値は、1日のうち3回下がります。

多少個人差はありますが、まず朝の6~7時頃、次は10~11時頃、そして16~17時頃。

血糖値が下がると、これを合図に胃酸がたっぷり出て食欲がわいてきます。

血液中の糖の量が減れば、脳の摂食中枢が働いて胃酸があふれ出し、エネルギーを補給したくなるというのが、人間の本能なのです。

だから血糖値が下がるタイミングに合わせて3度の食事をとるのが、体にとってはベスト。

消化がスムーズになることはもちろん、血糖値が瞬時に上がり、体も脳もすぐに活性化します。

毎食、体が求めたときに食べるという「食のリズム」が定着すれば、胃腸だけでなく体の各器官にも都合がよく、働きやすくなります。

この基本ルールを守って生活するだけで、体に余計なものがたまらなくなり、「食べても太らない体」へのチケットが手に入ります。

あたりまえのことを実行すれば、体は必ずよくなるのです。

毎日ケーキを食べても太らない!?「食べるタイミング」

1日のうちで、血糖値が最も低くなるのは、朝。

誰でも起きがけは頭が回らず、すぐにテキパキ動くことができませんよね。

脳は、糖を主なエネルギー源とするため、低血糖に特に敏感に反応するのです。

朝食をとって血糖値が高まると、内側からエネルギーがあふれ、「さあ、今日もがんばろう」という気分になります。

しかも朝は体がいちばん活動的になっているため、食べたものを効率よく消費できるというメリットもあリます。

ちなみに、私のある日の朝食メニューは、グレープフルーツジュースとヨーグル卜と、ケーキをひとつ、そしてモモを2切れ。

ケーキは私の大好物なので、朝からケーキやパイを2個以上食べることもめずらしくありません。

「なんで朝からケーキを!?」と言われそうですが、朝だからこそケーキなのです。

遅い時間に力口リーの高いものを食べると、その日のうちに消費し切れませんが、朝のうちに食べておけば、1日の活動の中で無理なく消費できます。

とりわけ、私は仕事中にかなり動き回るほうなので、昼までにはケーキ1個分くらいのエネルギーは使い切ってしまいます。

高力口リーのショートケーキもチョコレートケーキもなんのその。

仕事しながら十分動いているので、スポーツジムにも行きません。

最近は、若い世代を中心に朝食を食べない方が増えていますが、1食抜くのであれば、朝よりも断然夜をおすすめします。