すっぽんもろみ酢を飲んで痩せたい!ダイエット頑張るんだ!っとこのページを見ていただいているあなたはお考えだからこそ、今このページを見られてるんだと思います。
ダイエットしなきゃ・・・と、皆が口をそろえて良く話していますよね。
ですがその「ダイエット」ってそもそも何なの?
いろんなダイエットを試しているけど全然痩せない・・・
もしかしたらそれ、ダイエットの基本と本質を知ることで解決できるかもしれません。

今回はそんな「ダイエット」の基本から、具体的に気をつけるべき注意点についても紹介していきます!
是非ここでダイエットの本質を知り、すっぽんもろみ酢を飲みながら、効果的なダイエット方法ですらっとボディーを目指してください♪

 

ダイエットの基本を学ぼう!ダイエットとは?

[ダイエットと勝利の関係]
ロバートハース氏は女子プロテニスプレーヤーのマルチナ・ナブロチロア選手の栄養コーチとして彼女を世界一流の名プレーヤーに育て上げました。「食べて勝つ」「EAT TO WIN」(講談社)では次のように述べています。
…マルチナ・ナブロチロワ選手は、好物のチーズケーキばかり何個も食べていて、今より体重が十数キロ多かったころ、本来なら対戦相手にならないような選手にまで負けていました。女子テニスの歴史始まって以来の天才選手だというのに、時々首をひねりたくなるような負け方をしていました。この原因は、食事の摂り方がまずかったため、自分のもっている能力と持久力を出しきれなかったのです。

このように一流選手が厳しい練習をしても、頑張ったわりにはちっとも上達しない事があります。マルチナ・ナブロチロア選手の場合、ラケットの使い方が悪かったのではなく、食生活がよくなかったといえます。
結局、ロパート・ハース氏は、血液の化学分析のメデイカルチェックやコンビューター-テクノロジーといった科学の最先端をいく技術指導方法を駆使して、ピークパフォーマンスを達成させ、マルチナ・ナブロチロア選手を世界のトッププレーヤーとして完成させたのです。
このようにスランプの原因は、間違った食生活にあることがあります。
そのくらい食と運動は深い関係にあるのです。正しい栄養学を身につけ、
健康と運動を手に入れましょう。

ダイエットでもバランスメニューを

ダイエット中は、どうしても栄養不足になりがちです。そこで、栄養不足にならないように栄養バランスの摂りかたの知識をしっかり取得しましょう。
「バランスのとれた食事」とは、1日に必要な栄養素を過不足なく摂る食事のことを言います。
これを食品で述べますと、肉、魚、卵、立・大豆製品や牛乳・乳製品、野菜(緑黄色野菜・淡色野菜)、そして海藻、芋、果物となります。次の項目を参考にしてください!

①科理は、和・洋・中の科理様式を変えて摂ると、日頃不足がちな緑黄色野菜、豆腐、牛乳などを補えます。夕食は、肉類より焼き魚や煮物、お浸しの和食をおすすめします。

②夕食は、1日の目安量をいつも頭に入れ、朝・昼で摂れなかった食品を補う献立を考えましょう。

③夕食は、たっぷり食べ過ぎると、体重が増えてしまいます。現在の食生活を変えなくては、という気持ちが必要です。
もし、おいしく食べ過ぎた場合は、ウォーキングを30分くらいしましょう。(トレーニングは、食後2時間後にしましょう)

④ダイエット中は、栄養不足のため少しバテがちです。週の半ばには、いかにも「スタミナがつきそう」といった食事を摂りましょう。
ときには、パワーメニューとしてにんにくの芽と豚肉のソテーなどのスタミナ料理はいかがでしょうか。

⑤朝・昼・タは野菜のたっぷり食べられる献立を。妙めたり、煮たりすれば「かさ」も減り多く食べやすくなります。例えば、けんちん汁、野菜妙めなどです。

⑥マヨネーズやマーガリンは、ぜひ朝食で摂ってください。油はカロリーが高いので1日のスタミナ源となります。

⑦ダイエット中は、貧血になりやすいので、鉄分の多い食品(ひじき、モロヘイヤ、ブルーン等)と、たんぱく質の食品と一緒に摂りましょう。特に夕食に摂ると効果的です。

⑧ダイエットは、主食(ご飯、パン)を控えて、おかずをしっかり食べますと、栄養満点です。

⑨四つの食品群(女子栄養大)、六つの食品群(厚生省)は各食品群ごとに1日の摂取量がまとまっています。1日で、どのくらい摂取したらよいのかを目安にしましょう。さらに、ダイエット中はどの食品にどのような栄養素が含まれ、エネルギー量はどれくらいか、食知識を増やしていくとよいでしょう。
☆バランスよく食べないと、うまくやせても体がボロボロになります。
そこで、食事知識の理解が、健康を増進させると,思って努力してみましょう!

長期的な計画作り

肥満は、生活習慣病(成人病)の原因の一つです。したがって肥満の人のくらしには必ず太る原因が潜んでいます。
しかし一般的に太ってしまった原因と自分の生活習慣とのつながりを理解している人は、きわめて少ないようです。
ですから本当にやせたいと思ったら、まず自分のライフスタイルを見つめ直し、ダイエットは長期戦になることを覚悟しなければなりません。
ダイエットは、きわめて個人の問題です。健康的に美しくやせた自分を想像して、長期的なダイエット計画を実行をしましょう。

①長期戦こそがダイエットの最高の道(最低3カ月)

“10日間で5kgすぐやせる”式の情報は、たくさんありますが、短期ダイエットはおすすめできません。
ダイエットは、1カ月で1-2kgを目標に、少しずつ落としていくのが理想的です。
長期的ダイエットは、カロリー制限が比較的ゆるやかなので安全です。ダイエットは、じっくり時聞をかける事が失敗しないコツのようです。
理想的なダイエットを行うために、運動を習慣にしましょう。最初にトレーニングする内容、目標体重、時間、場所を設定し、そして友達と一緒にダイエットをすると楽しくなります。

⑨パートナーを見つけよう

ダイエットを成功するためには、監視者であるパートナーやコーチをつけます。つい甘えが出たり、途中でやめるのを防いでくれます。

⑧目標を達成したら、自分にごほうびを!

ダイエットの目標が達成できたら、念願の旅行を楽しんでくるとか、自分にごほうびを出して、ダイエットライフを楽しんで下さい。
やせなければ着られないけど、どうしても着たい洋服や背広をダイエット中に購入し、着用して旅行にでかけてみるのもいかがでしょうか?
しかし、旅行中は、安心のあまり食べ過ぎて、リバウンドしないように気をつけて下さいね。

④やせたい動機をはっきりさせよう

「なんのために体重を減らすのか?」「減らすためにどのくらいの時間が必要か?」じっくり、考えてからダイエットにとりかかりましょう。
人間の体は急にはやせれないのが現実です。じっくり楽しい長期ダイエット計画をたてましょう。

⑥『ダイエット宣言』のススメ

ダイエット宣言をしておきますと、食べ物を勧められでも断りやすいし、誘惑に負けそうになったときも「ダイエット中でしょ!」と家族や友達が監視役になってくれます。
「私は、意志が弱いから…」と思う人ほど、積極的にダイエット宣言をしてくじけない状況を作っておきましょう。

⑥停滞期をのりこえよう

ダイエットを開始するとしばらくは体重が減り続けますが、ある時期から、体重減少が見られなくなります。しかし、ここであきらめないでください。
これは、「停滞期」と言われる時期で、それでも、ダイエットを頑張り続けるとふたたび体重は減りだします。
「停滞期」は、体の恒常性を維持しようとする体重調整機能が働くために起こる、誰にでもある抵抗反応です。ダイエットをここでやめますと、逆に前より増えてしまう可能性が高くなります。

まとめ

今回紹介した点に気をつけつつ「すっぽんもろみ酢」を飲んで健康的に、美しく痩せていけるようにダイエットに取り組んでいきましょう!
あなたが美ボディーを手に入れれることを心から祈っております♪