ダイエットに効果的で、「太りにくく痩せやすい身体」を手に入れられると話題の肥後すっぽんもろみ酢ですが、

ダイエットの為には、すっぽんもろみ酢を飲むほかに、運動も一緒に取り入れるとすっぽんもろみ酢の効果も上がります!

では、具体的に、どのタイミングにどれだけやれば効果が出やすいかについてご紹介していきます
 

運動はいつやるのがベストなのか?

「運動は食前がいいのでしょうか、それとも食後がいいのでしょうか」と、よく聞かれるのですが、それは運動の目的によって異なってきます。痩せるための運動ならば食前がいいし、筋肉をつけるための運動ならば食後がいいし、健康維持を目的とする運動ならば、いつ行ってもよいでしょう。

食前に運動をすると、なぜ痩せるのかというと、すきっ腹だと血糖値が下がっているからです。

血糖値が下がっているときに運動を始めると、血液中の糖分をすぐに使い果たしてしまいます。

そうすると、次には脂肪としてたくわえられていたものを燃やして、そこからエネルギーを引き出すしかなくなります。

そうして、体内に蓄積された脂肪を燃やすことにより、痩せるわけです。

運動のタイミングと回数

運動の回数については、理想をいえば朝と夜の二回やるのがよいでしょう。

朝に運動をすると、夜寝ているあいだにつくられた脂をきれいに燃やしてくれて、余分な脂肪がつきにくくなります。

夜に運動をすれば、夕食でとったカロリーを消費することができます。

それに、ある程度代謝を高めておいてから寝ると、寝ているあいだにインスリンの天下とならずにすみます。

寝ているあいだというのは、インスリンの天下になりやすく、そうなるとインスリンはどうしてもせっせと脂をつくりますので、太るということになってしまうのです。

ですから、「今日は、かなり食べたなあ」とか「ずいぶん飲んだなあ」というようなときは、30分くらい歩いてから寝るとよいでしょう。

30分ほど歩くと、代謝が高まります。

そうして、いったん代謝が高まると、約六時間は持続するのです。

寝る前に代謝を上げておけば、寝ているあいだも約六時間は代謝が上がった状態にできるので、脂がつきにくくなるわけです。

目的別で違うおススメ運動方法

運動というと汗をいっぱいかいて、ハアハアするようなことをイメージする人も多いでしょうが、歩くということも立派な運動です。

ダイエットを基本にして、健康のためにということなら、これがいちばん優れた運動であるともいえます。

そのことを示すデータとしては、走る、歩く、自転事の三つの運動で、体重、最大酸素摂取量、皮下脂肪厚の変化を調べたものがあります。

それによりますと、体重、最大酸素摂取量については、走る、歩く、自転車の三つの運動には、さほど大きな違いは見られません。

しかし、皮下脂肪厚については、ウォーキングがいちばん多く減らしています。

ですから、健康維持のためということでしたら、いつ歩いてもいいのですが、ダイエット期間中は、一日に二回、朝起きがけ日と寝る前に歩くと効果的です。

ゆったりした気持ちで楽しみながら、30分ほど歩いていただきたい。

そうして、体重を減らすことができれば、あとはその状態を維持するために、週に一回歩くだけで十分です。

ただし、ダイエット期間中に歩くときには、メンタルなものをぜったいに忘れてはなりません。

「これは、脳内ダイエット革命なんだ」という認識があるのとないのとでは、結果は大違いだからです。

感謝や喜びの気持ちに満たされて歩けば、スルスルと捜せていきます。

その反対に、たいへんなストレスを感じ、「嫌だなあホルモン」を分泌しながら歩いたならば、歩くことのメリットが帳消しになってしまいます。