ダイエットに効果的と話題なすっぽんもろみ酢ですが、

すっぽんもろみ酢と並行してダイエットに取り組むことでその効果を最大限に発揮させてくれる方法があります。

それがヘルシーダイエットです

ヘルシーダイエットは簡単に言うと「正しく減量する食事法」とでもいいましょうか、

肥満治療のために効果的とされ、健康的な体をつくってくれる食事法です
 

ヘルシーダイエットの基本

肥満治療の中心となるのは、なんといっても食事療法です。

健康のための減量で健康を損ねることのないよう、エネルギーは抑えても、バランスやリズムを守って食べることが大切です。

必要な栄養素を確保しながらエネルギーを減らす

極度の肥満の方の食事療法は、減食が基本です。

減食といっても、ただ食事を減らすというものではありません。

たんぱく質、ビタミン、ミネラルなどの必要な栄養素を十分にとりながら、エネルギーだけ減らし、代謝を良くしていくのが、ヘルシーダイエットのポイントです。

そのためには、食べずにがまんするのではなく、「考えて食べる」ことが重要になります。

考えて食べれば、減量中でも食べてはいけないものはないのです。

日常生活を送りながら自分で行うなら、1日1300キロカロリー程度までの減食にとどめ、栄養バランスを考えて食べるようにします。

1日3食規則正しく食べる

栄養バランスとともに、食事のリズムにも注意がいります。

減食というと食事を抜く人がいますが、これは間違った方法です。

エネルギーは抑えても、体脂肪のたまりやすい状態をつくり、減食の効果も低減してしまいます。

その結果太りにくく痩せにくいという最悪の身体の体質になってしまいます

1日の総エネルギーを3食に分けて、規則正しく食べたほうが、減食の効果も高く、健康にもよいのです。

ここで大事なのが3食きちんと食べると言う事です。

1日2食などの偏った食バランスで食べていると、食べる時にまとめて食べてしまい、血糖値を上げることはもちろん

身体が、「あまり栄養が入ってこないから節約しなきゃ」と、脂肪などのエネルギー源を蓄えやすく、また消費しにくいエコ体質に変えて行ってしまいます。

そうするとどうでしょう?

身体はどんどん太りやすく、痩せにくい体へと変わります。

ですので、身体にしっかりと働いてもらうためにも3食にしっかり分けて食べることで急激な上がり下がりを防止し、身体に燃焼しやすく為にくい体になってもらわないといけないのです!

そうすることで代謝も上がり、すっぽんもろみ酢の効果も最大限に発揮されるようになるのです!

ですので、しっかり三食を食べながら、すっぽんもろみ酢も飲んでダイエットに取り組んでいってください!

夜食は美容とダイエット両方の敵!

減食をすると、「夜食はいけないと言われますが、空腹のままでは、なかなか寝れない!」という方もいると思います
これはまったくの習慣です。

夜食の習慣のある人は、夕飯を早くして寝る前の時間を多くとると、おなかがすいてたいへんだろうと思われるかもしれませんが、ある程度の時間が過ぎると、かえって食欲は落ちてくるものです。

慣れるまでは、温かい飲み物などを飲んで、おなかをなだめるのもいいでしょう。

ただし、低カロリーのものにしてください。

夜は体がエネルギーを吸収しやすいですし、身体の補修に栄養素を使うので、夜寝る前に食べてしまうと、消化と吸収にエネルギーが使われ、その修復に栄養が行き渡らず美容にも健康にも悪いのです。

くれぐれも気をつけながらすっぽんもろみ酢でのダイエットに取り組んでいってくださいね!